テッパンおおいた

テッパンおおいた

アクティビティ・体験  自然・風景・景色  

休日は家族みんなで、 “森の中で遊べる”アウトドアパークを満喫

フランス発の自然共生型アウトドアパーク「フォレストアドベンチャー」。木に登って、木と木の間に張られたロープや橋の上を渡るなど、地形や森林をそのまま生かした様々なアクティビティで遊ぶことができる話題の施設です。

 

今日は別府市の国立公園・志高湖にある「フォレストアドベンチャー・別府」にやって来ました。海抜600mの位置にあるので市街地より涼しい!

早速消毒と検温をして受付を。コースは2種類あり、今回はファミリー向けのキャノピーコースをセレクト。遊ぶときに必須のすべり止め付きの軍手は、受付でも購入できます。

まずは一人ずつハーネス(落下防止の安全器具)を装着。小学2年生以下はヘルメットも装着します。

映像を見てスタッフからの説明を聞いた後、少し練習をしていざキャノピーコースへ。4つのサイトには30ものアクティビティがあり、サイトごとに入り口が分かれた階段を上ったらスタート!

一番高いところで地上約8mと、大人向けのアドベンチャーコースに比べると高さも難易度も低めですが、最初は思わず足がすくみます。

※ほかのグループとソーシャルディスタンスを取れる場所では、マスクを外してもOK!

安全のため、全サイトに張り巡らされたライフラインと呼ばれるワイヤーにプーリー(滑車)を付けてコースを回ります。足を踏み外しても落ちることはないけど、やっぱり怖い!

各サイトの最後はジップスライドで、木の上からウッドチップを敷いた着地点を目指し、シューっと一気に滑り降ります。上手に着地できるかな?

「ママ、早くー!」の掛け声に「キャー!怖―い!!」と叫びながらも、ママも手放しジップスライドにチャレンジ。

自然を生かした森の中のレジャー施設なので、楽しさはもちろんリフレッシュ効果も。いい笑顔です!

それぞれのサイトには、ロープのトンネルなど様々なアクティビティが。

サイトは1、3番が低めで2、4番は高めに設定されています。さらに4番はアクティビティ数が多く一番の難所。がんばれ!

最後は本日一番の高さからのジップスライド。手放しはもちろん、着地も大成功! 思わず出た言葉は「パパ、またここに来たい!」

身体を預け、森の中を空中移動する爽快感はここならでは。「子ども用のコースだと思っていたけど、十分に楽しめました」と大人も大満足でした。

▲15

施設では、Tシャツなどオリジナルグッズも販売しています。お土産にもおすすめですよ。

DATA
フォレストアドベンチャー・別府

住所:大分県別府市志高4380-1
電話:070-4024-1010
営業時間:9:00~17:00(最終受付14:40)
休:不定
P:共有P利用

料:キャノピーコース2,800円/1人、アドベンチャーコース3,800円/1人
※キャノピーコース:身長110cm以上、体重130kg以下、アドベンチャーコース:小学4年生以上もしくは身長140cm以上、体重130kg以下。

事前予約制

詳細はHPにて確認を
HP:https://fa-beppu.foret-aventure.jp/

アクセス:東九州自動車道別府ICから車で約10分

sato

sato トレッキングと写真を撮ることが好き。趣味は三味線。温泉・食・文化・歴史・大自然ほかにも色々、魅力いっぱいの大分をお届けします。

  • 5
  • 7

関連の記事

コンシェルジュからのおすすめ

sato

sato トレッキングと写真を撮ることが好き。趣味は三味線。温泉・食・文化・歴史・大自然ほかにも色々、魅力いっぱいの大分をお届けします。

  • 5
  • 7