テッパンおおいた

テッパンおおいた

アクティビティ・体験  おみやげ・産品  グルメ  

「ご存知『日田やきそば』食べ比べプラン」で、日田やきそばのおいしさを知る!!

「日田やきそば」は、地元はもちろん、県外の人にまで長年親しまれる日田市のソウルフード。「らーめん・やきそばで日田を元気にする研究会」加盟の11店舗から2軒を選び、それぞれの店の日田やきそばをハーフサイズで食べられるチケットを使って、お店ごとの味やこだわりを比べてみよう。

まずはJR日田駅横にある日田市観光案内所でクーポンを購入。1,000円で2カ所分のクーポンが付いています。窓口でおすすめのお店などを教えてもらい、情報収集もバッチリ。

チケットを購入すると、観光案内所のレンタサイクルが100円引きに。行きたいお店を決めて、いざ出発!

日田市観光案内所(日田市観光協会)

DATA
住所:大分県日田市元町11-3
電話:0973-22-2036
営業時間:9:00~17:00
休:なし
P:なし
料:レンタサイクル1時間200円、以降1時間ごとに+100円

1軒目は、昭和45年創業『三隈飯店』へ。元々はラーメン店だが現在は店に来る人の約8割が焼きそばをオーダーし、多いときは200皿も出るという人気店だ。

店主の吉田明彦さんが「1番のポイントは“焼き”」と語るように、軽く湯通しした生麺を鉄板の上でじっくり焼き付けるのが日田やきそばの作り方。しっかりと焼き目の付いた麺と豚肉、モヤシ、ネギを手早く炒め合わせ、独自ブレンドのソースで味付けします。

「思った以上にパリパリとした食感でおいしい!」。パリッとしながらも、もっちりとした麺が気に入ったという2人。ペロリと完食です。

三隈飯店
DATA
住所:大分県日田市隈1-5-21
電話:0973-22-7261
営業時間:11:00~19:00、月曜~14:00
休:水曜
P:5台

食欲に火がついた2人は、続いて日田市役所そばにある『天龍』へ。こちらは昭和43年創業の老舗で、生卵がのったオリジナルの「椎茸焼きそば」も人気です。

店主の薄木和子さん。鉄板の上に広げた麺がパリパリになるまでじっくり待ち、あとは短時間で炒め合わせます。中身は秘密だという秘伝のソースを使い、父親の味を受け継いだ焼きそばを目当てに、遠方からもファンが訪れます。

噛むとパリッと音が鳴るほどに仕上げた麺と、シャキシャキのモヤシの食感も楽しい「焼きそば」のハーフサイズ。お皿に余分な水分が出ていないのはプロならではの技。濃い目の味付けはビールにも合いそう!

天龍
DATA
住所:大分県日田市田島2-7-6
電話:0973-22-7473
営業時間:11:00~15:00/17:30~18:30
休:木曜(不定)
P:4台

お腹がいっぱいになった2人は豆田町を散策。昔から魔除けのお守りと言われている日田土鈴(どれい)の専門店を訪れました。江戸後期に建てられた店舗には、干支や動物が描かれた豆鈴300円など、お土産にぴったりな品が揃います。

「土鈴はその音色で邪気を払い、幸せを呼ぶと言われています」と奥さんの吉田美砂子さん。
2人が手にした和紙張り墨絵ひな土鈴2,500円は、素焼きした粘土に佐賀の名尾和紙を貼り墨で絵付けしたもので、約50年作り続けているそう。

愛らしいお顔の雛人形シリーズは様々。2月15日(土)からは「天領日田おひなまつり」も始まるので、この時期のインテリアにもぴったりです。

日田土鈴 東光堂
DATA
住所:大分県日田市豆田町10-3
電話:0973-22-1141
営業時間:10:00~17:00
休:木曜※天領日田おひなまつり期間中(2/15~3/31)は無休
P:なし

続いて、日田の地域資源を使って地元の職人が作る暮らしの品を取り扱うセレクトショップへ。店内には日田杉を使った家具や下駄、アクセサリーなどの小物や雑貨、小鹿田焼(おんたやき)など、“メイドイン日田”のアイテムが並びます。

自分が使いたいもの、欲しいものを職人にオーダーし、オリジナル商品を販売するオーナーの仙﨑雅彦さん。「お客さんとの雑談がヒントになって誕生した商品もありますよ」。

仙﨑さんがオーダーした小鹿田焼の丼と茶碗、そしてそのまま置ける、日田杉の調理用ヘラシリーズのしゃもじ。他にもバターナイフや穴開きスパチュラなどが揃います。

ライフデザインショップ Areas(エリアス)
DATA
住所:大分県日田市豆田町7-20
電話:050-1048-7757
営業時間:9:30~19:00
休:不定
P:なし

観光案内所へ戻る途中、カフェ『琴音庵』へ寄り道。ここは1年中食べられる「ドルチェかき氷」が評判で、今や全国からお客さんがやって来る人気店です。

最初に出てきたのは定番の「レアチーズ」Mサイズ880円。地元クンチョウ酒造の仕込み水で作った自家製氷を削るふわふわのかき氷の上には、クリームチーズで作ったクリームがたっぷりと。中は3層になっており、季節のフルーツやクッキーなどが入っているので、「本当にレアチーズケーキみたい!」と大興奮。

季節限定かき氷も登場。1月中旬は、紫芋のミルクシロップのかき氷に、安納芋のクリームをかけたかき氷が登場。しかもクリームの中には温かい焼きいもペーストが! 寒い冬ならではの不思議なかき氷です

Cafa&Bar 琴音庵(ことねあん)
DATA
住所:大分県日田市淡窓2-4-38
電話:0973-23-6577
営業時間:11:00~17:00/20:30~深夜0:00
休:不定、夜営業は日・月曜
P:共有P利用

■ご存知「日田やきそば」食べ比べプラン 1,000円(税込)

「らーめん・やきそばで日田を元気にする研究会」加盟の11店舗のハーフサイズ日田やきそばクーポン×2枚付き。日田市観光案内所で券面を見せると、レンタサイクルが100円割引きに。

お店が市内に点在しているので、レンタサイクルで巡るのがおすすめです。

チケットの引き換えは、日田市観光案内所か天領日田資料館にて。

焼きそばクーポンに関してのお問い合わせは、日田市観光協会(TEL0973-22-2036)まで

コチラからもご購入いただけます↓↓

日田市では、春の訪れを告げる「天領日田おひなまつり」が開催されます!

日時 令和2年2月15日(土)~3月31日(火)
場所 日田市豆田町・隈町・その他

https://www.oidehita.com/archives/44715

 

テッパン!おおいた編集部

テッパン!おおいた編集部 行ってみたい、やってみたい、食べてみたい、観てみたい。あなたの「○○してみたい」を後押しする、大分県の“テッパン!”情報をお届けします。

  • 19
  • 6

関連の記事

コンシェルジュからのおすすめ

テッパン!おおいた編集部

テッパン!おおいた編集部 行ってみたい、やってみたい、食べてみたい、観てみたい。あなたの「○○してみたい」を後押しする、大分県の“テッパン!”情報をお届けします。

  • 19
  • 6