テッパンおおいた

テッパンおおいた

温泉  体験レポート  

日本一の“おんせん県”で珍しい温泉を楽しむ! 天ケ瀬温泉の川沿いに点在する「川湯」

 

“日本一の温泉”を誇る大分県!注目の「川湯」とは?

大分県は、温泉の湧出量・源泉数ともにダントツ日本一の、まさに「おんせん県」!
大分県内の至る所に温泉が湧いていますが、中でも別府(べっぷ)・由布院(ゆふいん)・天ケ瀬(あまがせ)は“豊後三大温泉”と称されています!
別府や由布院は観光地としてもすっごく有名ですが、「天ケ瀬温泉」は聞いたコトないな?っていう人もいるのではないでしょうか。

 

「天ヶ瀬温泉」は、奈良時代に書かれた「豊後国風土記」でも紹介されていて、その歴史はなんと1300年以上!
すでに江戸時代には、湯治場としてとても栄えていたというからビックリですね。
そんな長い歴史の中でも当時から変わらないのは、泉質のいい温泉と、川沿いに広がる風情ある温泉街の風景。
そして天ヶ瀬温泉の醍醐味(だいごみ)のひとつは、なんの仕切りもない川沿いの共同露天風呂で「川湯」を楽しむこと!

 

現在も、玖珠川沿いには5カ所の共同露天風呂が点在しています。どれも1人100円と、格安!
しかし「川湯」ですから、周囲に壁や仕切りはありません。
もちろん、着替える場所もオープン。言うまでもなく、開放感は抜群です。そして、どこも湯船はひとつで混浴。
歴史のある温泉ですから、毎日この川湯を楽しむ地元の人も多いですが、観光客の方々にはちょっと勇気が必要かも・・・。

 

そんな超開放的な温泉を楽しむのに朗報です!
なんと、川沿いにある5つの共同湯のうち、「薬師湯」と「神田湯(じんでんゆ)」の2つの温泉で、
“湯あみ着”の着用が可能になったのです。
共同露天風呂には、脱衣所にも目隠しもないのですが、着替え場所(有料)として、近所の2カ所の旅館(『湯の香荘』と『天龍荘』)を
利用できるようになりました!
これなら、女性でもトライしやいですよね。

▼【動画】天ヶ瀬温泉「川湯」

初めての川湯に挑戦!

まずは、お目当ての「川湯」へ下見に。
共同露天風呂は、それぞれの自治会の方が管理運営しています。
週に2日ほど清掃日を設けているので、まずはその日に温泉が利用できるかをチェック!
合わせて、自分が入れそうか温度の確認もしておきましょう。
実は、共同露天風呂の源泉は70度以上の高温! 源泉掛け流しで注がれているので、たまに熱々の時があるんですって。
温泉の温度チェック、実は大切なポイントなんです!
この日は、とってもいい湯加減❤

 

温泉のチェックが終わったら、早速、着替え場所として利用できる温泉旅館『天龍荘』へ。

 

温泉旅館『天龍荘』では、湯あみ着の販売やレンタル(300円)もしてくれているので、フロントで湯あみ着を借りましょう。
旅館の大浴場も利用できるので、「川湯」を堪能した後、もう一度温泉を楽しむのもいいですね!

 

湯あみ着は、オレンジと赤の2色が用意されているので、好みの色を選んだら『天龍荘』にある大浴場の脱衣所で着替え(利用料500円)。
広い脱衣所なので快適です。またコインロッカーもあるので、荷物はここへ置いて、入浴料の100円とタオルを持って、いざ「川湯」へ!
この日のお目当ては「薬師湯」。
『天龍荘』からは橋を渡って徒歩3分程度の場所にあります。気になる人は、何か羽織ものを持っていくといいかも。

 

お散歩気分で歩いていると、あっという間に「薬師湯」に到着です。
お風呂の横にある脱衣所にバスタオルを置いたら、赤い料金箱に100円を投函しましょう。

 

初めての温泉体験「川湯」、サイコーです!

最初はもっと「恥ずかしいかな?」と思っていたけど、湯あみ着なら人目も気にならず快適!
何よりも、この開放感がなんとも言えません。
川からそよぐ風を頬に感じながら、川や山々の絶景を楽しみながら入る温泉は本当に最高!

 

まるで川に浸かっているみたいな景色と、硫黄の香りのする温泉にも癒やされて、なんだかクセになっちゃいそう。
みなさんも、ぜひ挑戦してみてくださいね!
ちなみに1年中入浴可能なので、冬になれば雪見露天も楽しめます。

 

湯あみ着は「あまがせ観光案内所」でも販売しています!

 

湯あみ着は、JR天ヶ瀬駅のすぐ隣にある「あまがせ観光案内所」でも販売しています。
グレーは1080円、レンタルにも使われている赤・オレンジのタイプは3900円です。
湯あみ着の着用ができるのは、5つある共同露天風呂のうち「薬師湯」と「神田湯」のみ利用が可能です。
ほかの3つの温泉は、水着やタオルの着用もできないので、気をつけてくださいね。

また「あまがせ観光案内所」には、レンタサイクルも用意されています。
利用可能時間は9:00〜16:00。1台につき、1時間100円、終日利用する場合は700円です。

天ヶ瀬温泉一帯を、自転車でのんびり巡ってみるのも楽しいですよ。

 

■■■天ヶ瀬温泉湯あみ着レンタル■■■

※レンタルは天ヶ瀬温泉の旅館7軒で実施中
・問:日田市観光協会天瀬支部(あまがせ観光案内所)
・住所:大分県日田市天瀬町桜竹540-1
・電話:0973-57-2166
・営業時間:8:30~17:00
・休:なし(元旦のみ休み)
・HPはこちら:https://www.okaeriamagase.com
・料金:1着300円(日帰りレンタル)
・レンタル箇所:天龍荘、丸山荘、本陣、日田屋、福屋、湯の香荘、成天閣
・着替え場所:天龍荘、丸山荘、福屋、湯の香荘
・着替え場所使用料:500円(旅館内の温泉利用料込み)
・アクセス:JR天ヶ瀬駅横、九州自動車道「天瀬高塚IC」から車で約20分

 

■■■薬師湯■■■

・住所:大分県日田市天瀬町赤岩6
・電話:0973-57-2166(日田市観光協会天瀬支部)
・営業時間:8:00~22:00
・休:週に2日の清掃日あり、悪天候時
・料:100円
・アクセス:JR天ヶ瀬駅から徒歩約7分

 

■■■天ヶ瀬温泉 天龍荘■■■

・住所:大分県日田市天瀬町湯山1137
・電話:0973-57-2370
・営業時間:12:00~21:00
・休:なし
・HPはこちら:http://www.tenryusou.co.jp
・アクセス:JR天ヶ瀬駅から徒歩約7分
※着替え場所使用料:500円(旅館内の温泉利用料込み)

 

 

 

Fuku

Fuku 生まれも育ちも、ず~っと大分県。美味しいモノ、楽しいトコロ、注目のスポットなどなど、色んな大分県の魅力をご紹介します☆

  • 4
  • 5

関連の記事

コンシェルジュからのおすすめ

Fuku

Fuku 生まれも育ちも、ず~っと大分県。美味しいモノ、楽しいトコロ、注目のスポットなどなど、色んな大分県の魅力をご紹介します☆

  • 4
  • 5