テッパンおおいた

テッパンおおいた

インタビュー  観光地・施設  体験レポート  

『アフリカンサファリ』さんに教わったオススメの楽しみ方【前編】|子供も大人もテンションあがる!日本最大級の体験型サファリパーク

九州…いや、日本最大といっても過言ではないサファリパークが大分県にはあります。

アフリカンサファリには、動物園とはまったく異なる、子供も大人も大興奮の魅力がたくさん詰まっているのですが…その魅力がすごすぎてどこからどんな風に楽しんだらいいのか、うれしい悩みに苦しめられます(笑)

子をもつ父として失敗は許されない…「お父さんスゲー!」「父は偉大」賞賛の声を獲得するために、休日のお出かけの下調べはしっかりしておきたいところ。

これはもう、担当者に直接聞くしかないっ!…ということで、九州自然動物公園『アフリカンサファリ』さんにお話を伺ってまいりました!

◎内容盛り沢山!の取材&体験レポートとなりましたので【前編】【後編】【親子で1日体験編】の3シリーズでご紹介いたします。※【後編】【親子で1日体験編】は後日公開!)

まず『アフリカンサファリ』とは?

広大な自然の中に、約70種1400頭羽の動物が生き生きと暮らしています。
大分県宇佐市安心院町にある日本最大級のサファリパーク形式の動物園で、マイカーや生態観察バス「ジャングルバス」で大型の野生動物たちを観察する「サファリゾーン」では、野生動物の迫力に大人も子どもも興奮すること間違いなし。
また「ふれあいゾーン」ではカンガルーとふれあえる「カンガルーふれあいの森」が人気。ミニチュアホースやモルモットなどの小動物ともふれあうことができます。その他、レストランやギフトショップなどもあります。(ツーリズムおおいたHPより)

【動画】アフリカンサファリのご紹介(公式YouTubeより)

実は私、大分県にそこそこ長い間住んでおりますが、一度も行ったことがありませんでした…
だって、誰と行くんです?
圧倒的に“ファミリーで行くところ”というイメージが強すぎて、興味はありつつもまだファミリーいないし…(笑)

そんな期間を経て、めでたく私にもファミリーができ、わが子も動物に興味を示すようになったので、行ってみよう!となったわけです。しかし、今回実際に行ってみてわかったのですが、ファミリー向けだけじゃない!
ココ、動物好きなら誰でもどんな方でも楽しめます!

【今回、取材を行った経緯】(※個人的な意見もあり)

  • ・ 子ども連れに100%喜んでもらいたい
  • ・ といっても、初めての「アフリカンサファリ」の楽しみ方がわからない
  • ・ 「ジャングルバス」の乗り方がわからない
  • ・ マイカーで動物ゾーンに入るって…かなりクレイジーなやつじゃないですか(汗)

個人的に結構動物好き。テレビの動物ドキュメントものとかハマっちゃいます。
せっかく行くなら!どんな風に過ごすのがベストか、わからないことなどなど…色々聞いてきました。

なんと、獣医の神田先生にお話を伺えました!

今回お話を伺ったのは、アフリカンサファリの“名物獣医”神田先生。大分県内ではもちろんのこと、結構有名&人気の神田先生は、アフリカンサファリの広報も担っています。神田さんの動物愛溢れる視点でオススメの楽しみ方をたっぷり伺うことができました。

―早速ですが、“オススメの楽しみ方!”をお伺いしたく…(ド直球)

神田さん:
「そうですねー、じゃあぐるっと園内まわってみましょうか。」

―(え!?園内まわる…?ちょっと公園を散歩するぐらいな感じですけど…)←※歩いてまわるのかと勘違い(笑)

神田さん:
「車用意してきますのでちょっと待っててくださいね。」

―あ、ありがとうございます…!(ですよね。笑)
―(でも「マイカーでまわるって…かなりクレイジーなやつじゃないですか(汗)」の不安…)

神田さん:
「お待たせしましたー。じゃ、行きましょうか。」

―あ、はい…!よろしくお願いしますっ!

ということで…この状況、わかる人にはわかる!(特にアフリカンサファリファン)
普段は絶対あり得ない、垂涎ものの『超貴重体験』となっております!

では、“神田さん特別解説付き”動物ゾーンツアーに出発です!

とにかく写真がキレイ!写真集まで出版しちゃうアフリカンサファリさんの公式SNS投稿を交えてお伝えいたします!
[公式Twitter(撮影:神田さん)]

→次ページ以降では、“動物ゾーン”の魅力をたっぷりご紹介!

1 2 3
かみ

かみ 宮崎県生まれ。大分県民10年目。旅行に役立つ、あったらいいな、これぞテッパン!な情報をお届けします。

  • 12
  • 13

関連の記事

コンシェルジュからのおすすめ

かみ

かみ 宮崎県生まれ。大分県民10年目。旅行に役立つ、あったらいいな、これぞテッパン!な情報をお届けします。

  • 12
  • 13